コストコで買える【ビーツ】は下処理済みなのですぐに使えて便利。

2021年8月8日

こんにちは、jillです。

あなたは「ビーツ」といったら何を思い浮かべますか?

ロシア料理のボルシチのやつ?赤いやつ?・・・といった感じの印象でしょうか(・∀・)

そこで今回は、「ビーツ」についてご紹介します。

この記事を読んでいただくとわかること

  • 【ビーツ】って何?
  • 【ビーツ】の栄養と効果は?
  • どうやって使う?
  • コストコで買えるのはどんなビーツ?

コストコで買える【ビーツ】は下処理済みなのですぐに使えて便利。

【ビーツ】とは

ビーツは見た目がカブに似ている野菜で、栄養豊富なのでスーパーフードと呼ばれています。ですが、カブとは違いビーツには「ジオスミン」という土のにおいのする成分が含まれているので、生で食べる場合は土くささを感じることもあります。(※レモンやお酢などを使うことで土くささは抑えることが可能。)

砂糖の原料になる「てんさい」と同じ分類に属す野菜なので、ショ糖が含まれ甘さがあるのも特徴の一つです。

日本では【ビーツ】と呼ぶことが多いと思いますが、「ビート」「ビートルート」「ウズマキダイコン」など他にも多くの呼び方があるそうです。

ちなみにビーツは赤いイメージが強いと思うのですが、実は黄色のビーツもあるんですよ。

私自身、実際にはまだお目にかかったことはないんですがね・・(●´ω`●)

【ビーツ】の栄養と効果

ビーツの栄養素として

  • カリウム
  • マグネシウム
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンC
  • 葉酸
  • 食物繊維
  • ベタイン(肌・髪の健康に関わるアミノ酸の一種)

などが含まれています。ビーツには、体内で作ることのできないカリウム・マグネシウム・鉄分などのミネラルが豊富に含まれています。

ビーツの効果として

  • むくみ予防
  • 高血圧予防
  • 冷え改善
  • 血流改善
  • リラックス効果

などがあるといわれています。

おすすめの使い方とレシピ

食べ方としては、生でも加熱でもokな野菜です。ビーツとは・・でご紹介したように生で食べる場合は土くささを感じることもあるのでご注意を。

私はだいたい下処理済みのビーツを使用するので、土くささを感じることはなく色々な料理に使っています。初めての場合は下処理済みのビーツを使うか加熱がおすすめかもしれないですね。どうしても生で食べてみたい時はお酢やレモンなどの調味料をうまく活用しましょう♪

おすすめの使い方

  • スープ
  • サラダ
  • ケーキ
  • ベーグル
  • おからパウダー料理

などに取り入れて使うのが私のおすすめです。

刻んだり、ペーストにして混ぜこむことで綺麗なピンク色になり料理が華やかになります(*´꒳`*)入れる量や状態(ペースト・刻みなど)によってピンクの濃さも変わるのでお好みで試してみてください☆

おすすめレシピ【ビーツとアーモンドのベーグル】

材料(4個分)

  • ★強力粉・・200g
  • ★砂糖・・大さじ1
  • ★塩・・小さじ半分
  • ★ドライイースト・・小さじ1
  • ★油・・小さじ2
  • ★ビーツ(刻んでおく)・・お好みの量
  • ★アーモンド(刻んでおく)・・お好みの量
  • お湯(40℃程度)・・120ml
  • クッキングシート(あらかじめ切っておく)・・12cmくらいの正方形を4枚
  • お湯(茹でる用)

作り方(※写真は8個分の材料で作っています。)

  1. ★の材料を全てボウルに入れ、お湯を加えヘラを使って混ぜる。
  2. 生地がだいぶまとまってきたら、粉っぽさがなくなり表面がなめらかになるまで手で5〜10分程度こねます。(ホームベーカリーをお持ちの方はこねの工程だけ使うのもおすすめ。)
  3. ②を丸め閉じ目を下にしてボウルに置き、ラップをかけ、室温で30分ほど発酵タイムをとります。(1.5〜2倍くらいに膨らみますが、寒い季節は膨らみにくいのでプラスして発酵させ様子を見てください。)
  4. ③を4等分に分け、丸めます。(切り分けは包丁でもokです。)濡れ布巾をかけ、10分休ませます。
  5. ④の生地を手のひらで潰しガス抜きをします。その後丸め直し真ん中に穴をあけ広げ、ベーグルの形にしてあらかじめ切っておいたクッキングシートの上で15分休ませます。(濡れ布巾とラップをかけます。)
  6. オーブンを220℃に予熱します。鍋やフライパンにお湯を沸かし、⑤をお湯の中に入れ片面30秒くらい茹でます。(シート面を上にしてお湯に入れそっと取り外す方が型崩れしないと思います。取り外したシートは焼くときに再度使います。)
  7. ⑥を天板に並べ、220℃のオーブンで15分程度焼けば完成です。(オーブンによって焼き色具合などが異なると思いますので、様子をみてください。)

断面はこんな感じです↓焼き上がったら全体的に薄いピンクになりました(╹◡╹)

コストコで購入できるビーツ

ビーツは、八百屋さんやスーパーではなかなか見かけないかもしれないです( ;´Д`)

色々なスーパーに行きますが、ご近所には売っていませんね。たまに知人の畑で育てたものをいただくこともありますが、私はだいたい加工されたものを買っています。

いつも購入するのはコストコのビーツです(*´꒳`*)

コストコで販売されているビーツは、4パックに小分けされているので一気に使い切らなくていいのがとても便利です。

そして、下処理加熱済みなのでそのまま使えるのがまた嬉しい♪

食べてみるとヤングコーンみたいな味だな〜と私は思っています。

商品名:Fresh  Baby  BEETROOT (フレッシュ ベビー ビートルート)

内容量:1kg(4パックに小分けされています。)

サラダ、スムージー、スープなど何にでも手軽に使えるので野菜コーナーのあたりで見かけたらぜひチェックしてみてください(*’▽’*)玉ねぎやかぼちゃなどが置かれているあたりで待っています(*’▽’*)

あとがき

今回はコストコで買える、栄養豊富で料理を可愛らしくしてくれる良いこと尽くしな【ビーツ】をご紹介しました。

この情報があなたのお役に立てば嬉しいです。

以上、jillでした♫

食べ物

Posted by jill