資生堂のメイクブラシ使ってみました!【ファンデーションブラシ131】

こんにちは、jillです。

あなたは、メイクをするときパフ(スポンジ)を使う派ですか?それともブラシを使う派ですか?

私は、ずっとパフ(スポンジ)派でした。というか、パフ(スポンジ)しか使えませんでした。

不器用で使えないというのではなく、初めて購入したときのブラシの質が良くなく肌荒れがひどくなった経験から使えなくなっていました。

そんな私ですが、やっぱりブラシを使いたいということでいろいろ調べて買ったのが、今回ご紹介する【資生堂 ファンデーションブラシ131】です。

資生堂のメイクブラシを使ってみました!【ファンデーションブラシ131】

【ファンデーションブラシ131】とはどんなブラシ?

このブラシは2010年8月21日に発売にされました。

プロの仕上がりを徹底的に分析して開発された素晴らしい商品なので、発売から約10年が経ちましたが、今もなおプロもおすすめしている人気のあるブラシです。

私がいろいろ調べたときにも上位というかほとんど1位でした。

このブラシはパウダリー・リキッド・クリーム・固型乳化、どのタイプのファンデーションにも使える多機能ブラシです!

見た目はこんな感じです↓

長さは、11.8cm。幅は、2cm。

持ちやすいサイズです。

毛先を触った感じはしっとりさらさら(*´꒳`*)気持ちいいです。

実際に使ってみた感想

肌触りが最高

先ほども書きましたが、触った感じがしっとりさらさらで気持ちいいです。

私が昔買ったものとの差が激しすぎて驚きました(●´ω`●)

肌に触れても嫌な感じ(チクチクするとか)はありませんでした。

使いやすい

ブラシをくるくるさせながら使うには毛の長さは短いので難しいですが、普通に流す感じで使うには使いやすいです。

小鼻などつけにくいところにもきれいに仕上がる。

きれいに仕上がる

ファンデーションが均一についてくれるので、厚塗り感もなくきれいな仕上がりに。

◉パフ(スポンジ)を使うメイク・ブラシを使うメイク、これからは2つを上手に取り入れてメイクが楽しめそうです(๑>◡<๑)♡

お手入れ方法

・使用後はティッシュなどでブラシに残っているファンデーションを拭き取りましょう。

・ブラシが汚れてしまったときは、専用の洗剤か中性洗剤をぬるま湯に薄く溶かして軽く振り洗いしましょう。(※漬けおき洗いはやめましょう!ブラシの劣化につながります。)その後すすぎますが、洗剤が残ると肌荒れの原因にもなるのでしっかりすすぎましょう。すすぎ終わったら、乾いたタオルなどにブラシを沿わせて優しく水気を拭き取りましょう。ゴシゴシはしちゃダメですよ〜。

最後はブラシを横にして、風通しのよい日陰で完全に乾かしましょう(。・ω・。)

★定期的なメンテナンスは大切ですよね(*´꒳`*)清潔なブラシは、肌荒れ予防だけではなく、メイクの仕上がりにも関わってくるので覚えておきましょう♪

使用上の注意点

・ブラシを洗ったときは、完全に乾かしてからケースなどにしまってくださいね。乾ききっていない状態でしまってしまうと、雑菌が繁殖してブラシが臭くなる原因にも!

・ブラシは優しく扱いましょう。ブラシを引っ張ったりすると毛が抜けてしまうことも。洗った後に水気を拭き取る際に注意するポイントです。

・劣化が早まるので、乾かす時はドライヤー・直射日光は避けましょう!早く乾かしたい気持ちは分かりますが、じっくり乾かしましょう(=´∀`)

交換のタイミング

・毛先が広がってきた

・肌触りが変わってきた

など見た目の状態や使ったときの状態に変化を感じたら交換しましょう。

あとがき

今回は【資生堂 ファンデーションブラシ131】を使った感想とお手入れの仕方などをお届けしました。

この情報が、どんなブラシを買おうか悩んでいる方やブラシを使ったことがない方のお役に立てたら嬉しいです(*´꒳`*)

以上、jillでした♫